冷媒アルコール不要 使用温度域-100〜+50℃

product-ucr027
用途例
  • 生物検体の低温保存
  • 細胞シートの処理
  • 受精卵、精子等の緩慢凍結保存
  • mail

    product-ucr026
     細胞(卵子等)の取り扱いを体温およびそれ以下の適切な温度に実験中一定に保つ際に使用されている。エッペンチューブプレート等に検体を保存し、必要時に上部を開けて取り出す。

    特長

    生体サンプルの環境温度を精密に制御

     例)37℃〜20℃を任意に設定

    -100℃の冷却性能

     恒温部は-100℃まで冷却が可能 -100℃〜+50℃の範囲で任意に設定

    冷却待機時間30分

     -80℃への冷却時間は30分程度 電源投入後すぐに実験を行えます

    個人用フリーザーとして活用

     精密な昇温・降温制御が可能

    特注アルミブロック

     ニーズにあったアルミスペーサーを製作

    軽量コンパクト

     W180 D370 H310のコンパクト設計 総重量も約16kgで設置場所を選びません

    圧倒的な低消費電力

     最大時300W、定常時120Wの低消費電力

    ノンフロン

     内部冷媒にヘリウムを使った環境対応仕様

    正確で安定した温度制御

     P.I.D制御で±0.2℃の精度を実現

    長期間の連続運転が可能

     連続数日間の実験に最適

    昇温降温プログラム

     昇温・降温のプログラム制御を標準装備 オプションケーブルでPCからも入力可能

    仕様

    製品名 生体環境制御装置
    型式 CBHC-150
    温度調節範囲 -100℃~+50℃
    温度調節精度 ±0.2℃
    温度制御方式 P.I.D.制御
    センサー K熱電対
    温度設定・表示 シートキー入力、デジタル設定・表示
    冷凍機 スターリング冷凍機(ヘリウム密封型)
    使用温度範囲 0℃~40℃
    外形寸法 W242 × D348 × H525 mm(本体のみ)
    重量 約18kg
    電源 400VA AC100V 50/60Hz

    ※仕様は2016年8月現在のものです。製品改良のため、外観および仕様が予告なく変更されることがありますのでご了承ください。